さくらのVPSにWordPressをインストール

これまでの記事でさくらのVPSでLAMP環境の構築は完了済み。ここからWordpressのインストールを行う。

  1. WordPress用のデーターベースとユーザーの作成

    MySQLにログイン
    mysql -u root -p

    データーベースの一覧を確認
    mysql> SHOW DATABASES;

    デフォルトでインストールされているデーターベースのtestを削除
    mysql> DROP DATABASES test;

    WordPress用データベース “wordpressDB”を作成
    mysql> CREATE DATABASE wordpressDB;

    ユーザー”sakura”を作成し、上のデーターベースの権限を付与
    mysql> GRANT ALL ON wordpressDB.* TO sakura@localhost IDENTIFIED BY 'XXXXXX';

    mysqlからログアウト
    mysql> quit;

  2. WordPressのインストール準備

    ルート権限を切り替え
    su -

    ウェブのルートフォルダに移動
    cd /var/www/html

    公式サイトからwordpressをダウンロード

    wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz

    ダウンロードしたファイルを解凍
    tar zxvf latest-ja.tar.gz

    wordpressフォルダの中身をhtml直下に移動
    mv wordpress/* .

    空になったwordpressフォルダを削除
    rmdir wordpress

    ダウンロードしたファイルを削除
    rm latest-ja.tar.gz

    解凍後のwordpressフォルダにapacheユーザーとsakuraグループの権限を付与
    chown -R apache:sakura *

    グループにファイルのみ書き込み権限を付与
    chmod -R g+w *

    wordpressの設定ファイルを作成
    mv wp-config-sample.php wp-config.php

    wp-confg.phpを編集
    vi wp-config.php

     29 |  define('DB_NAME', 'wordpressDB');

    29行目に データベース名を入力

     32 |  define('DB_USER', 'sakura');

    32行目に ユーザー名を入力

     35 |  define('DB_PASSWORD', 'XXXXXX');

    35行目に パスワードを入力

     55 |  define('AUTH_KEY',         'put your unique phrase here');
     56 |  define('SECURE_AUTH_KEY',  'put your unique phrase here');
     57 |  define('LOGGED_IN_KEY',    'put your unique phrase here');
     58 |  define('NONCE_KEY',        'put your unique phrase here');
     59 |  define('AUTH_SALT',        'put your unique phrase here');
     60 |  define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
     61 |  define('LOGGED_IN_SALT',   'put your unique phrase here');
     62 |  define('NONCE_SALT',       'put your unique phrase here');

    55行目から62行目の 8件のエントリをこのページで生成されるもので書き換える。

     72 |  $table_prefix  = 'wp_';

    72行目で テーブルの接頭辞を任意のものに変更することでwordpressを複数インストールすることができる。

    以上で編集は終わったので、上書き保存。